2007.03.06

仮想国家または仮想政府についての考察

 ネットワークゲーム、またはWebサイト上でやりとりされる仮想貨幣が現実世界の貨幣と交換されることは、貨幣経済において大きな転換点であると位置づけ、それによって起こりうるであろう事柄を考察する。

 インターネット上にはさまざまなコンテンツがあるなかでも、仮想貨幣についてはどの国も法整備が追いついていない。ちなみにここでの仮想貨幣は、現実貨幣以外のデータ上でやりとりされる貨幣を指す。
 仮想貨幣と現実の貨幣とのやりとりは、広義には物々交換の一種であるといえる。仮想貨幣は現実貨幣で「購入」し、インターネット内で使用することができる。現段階では「購入」となるが、これが「両替」として認識されるまで信用を得ることができれば、仮想貨幣の貨幣価値は大幅に上昇するだろう。

 現在は営利組織である会社が仮想貨幣を発行している。これが会社から政府へと移行した場合、その貨幣価値は大きく変わることになるだろう。
 だが、この可能性は現在のところ非常に少ないといえる。

 貨幣経済の新たな変革として、仮想貨幣での経済活動がよりいっそう活発化し、現実の貨幣経済と肩を並べるほどに信用と市場規模の両方を獲得することができれば、新たな社会ができあがるだろう。

 そのなかで国家または政府としての機能を持った組織や団体がインターネット内に現れることが予想され、それが新たな社会の誕生といえるだろう。
 デファクト・スタンダードとして認めざる得ない仮想国家や仮想政府、仮想貨幣が、現実の世界に影響力を持つ。

 これらの大きな変革は、主に既成概念との戦いになると思われる。

 国土を持たない国家。インターネットというインフラの上に存在する、データ上の仮想国家が、果たして国家として認められるのかは、現時点では難しいと言わざるをえない。

 ネットワークゲームでは、すでに国家という概念が使われているが、そのほとんどは「○×国」というチームに所属するという、便宜上の名前にすぎない。
 国家としての機能を有する存在は、まだない。

 今はまだ稚拙な絵空事にすぎず、他にも問題点は多々あり、現実不可能な事柄に思えるが、めざましい技術発展とグローバル化する社会の変化のなかで、仮想国家または仮想政府の成立はまったくありえないとは言えないのではないだろうか。

 現在のインフラでは、まだまだ不安な点もあり、実現不可能かも知れない。だが、めまぐるしい技術革新は、仮想国家または仮想政府をいつの日か現実のものとしてくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

今後の方針について

 第88研究所は毎日更新をしてまいりましたが、2005年4月24日の更新をしませんでした。これは大きな問題です。
 今後のことも含めてどうするか会議を重ねた結果、「できるかぎり毎日更新をする」という結論にいたりました。

 今後、更新のない日もありますがご了承ください。

第88研究所所長 出古井

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.30

マーフィーの法則 第88研究所版

・失敗する可能性のある実験は、かならず失敗する。

・結果はかならず予想を裏切る

・研究日程は伸びる、発表の日は伸びない。

・研究テーマからはずれた研究がいちばんおもしろい。

・日常生活に常識は必要だが、研究にいちばんじゃまなのは常識。そして日常生活にいちばんじゃまなのは研究

・ひらめきは経験の積み重ねからくるものと、天性のものの二種類ある。前者は経験に裏打ちされているので周囲から理解を得るが、後者は突拍子すぎて周囲から理解されない。

・研究の結果、ひとつの謎が解明されると、の謎が発見される。

・「格闘」「勉学」「生きる糧」「正義」「命」その他諸々の第88研究所の研究員が使っている“研究”の別名は、気分によって変わる。

・研究しない研究所は、ほんとになにも研究していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.29

単多球体による複数人格のモデル化について その2

 前回、単多球体による複数人格のモデル化の概要を、非常に乱暴ではありますが、大ざっぱに説明いたしました。
 今回はもう少し具体的に説明いたします。

 花見で須淡くんが豹変したのは、おそらく単球モデルでしょう。「須淡」という個人を特定しうる言動が多々ありました。

 今回はアルコールが引き金となり、溝を形成、またはすでにあった溝を越えたと思われます。溝をいったん越えると、その人格がしばらく続き、もう一度溝を越えるには、別の引き金が必要になります。須淡くんの場合は睡眠でした。酔いつぶれての睡眠、といったほうが正確かもしれません。
 睡眠をとったのちは、球体が正常な位置にもどりました

 誰でも睡眠中は球体が面からはなれます。つまり、観測者から見えていた接点がなくなり、球体は正常な位置にもどると考えます。どこが正常な位置なのは、人によってちがう場合があります。また睡眠前と睡眠後で球体が移動しない場合もあり、どのような法則で睡眠中に球体が動くのかわかっていません

 溝については、幅よりも深さに関係があると考えています。溝が浅ければ、その人格は主人格と似ており、溝が深ければ深いほど主人格からはなれていき、最終的に相似点は核しか残りません。
 溝がいくら深くても、核とつながらずにいるということはありません。それは多球モデルになります。

 多球モデルと単球モデルのいちばん大きなちがいは、異なる核を持つ人格=球体があるということです。
 別人格になることで、主人格が知らないはずの知識を得ている場合が多球モデルにあたると考えます。

 主人格の核が「日本人」、別人格の核が「スペイン人」だと仮定します。この場合、主人格がスペイン語を話せなくても、別人格になったときにスペイン語が堪能だとしても問題ありません。また、知らないはずのスペインに関する知識も同様です。

 多球モデルでは、単球モデルでは説明のできない、知識などをカバーするために作られました。ただし、単球モデルの溝と同じく、なぜ複数の球体が存在するかはわかっていません。

 また、単球モデルでも、核を「人」として、溝は核の最深部まであると仮定すると、上記の多球モデルも、単球モデルで説明可能です。しかし、人格をモデル化した球体に、知識などの記憶を含めていいのか、という疑問が残ります。私は、知識なども含まれる、と仮定しました。
 多球モデルと単球モデルにわけた理由は、核がよりあいまいになることで、膨大な知識を含まなければならなければいけません。たとえば核が「ほ乳類」となった場合、その知識は人をはるかに超え、「人」にしても全人類のことばを話せるということになり、さらにはすでに使われなくなった古代語すらも含むことになりかねません。

 知識に関しては、人格モデルとはまた別のモデルが必要であると考えています。

 単多球モデルでは、多種多彩な人格を持つということが可能になります。
 どこに溝があるのか。どの人格とどの人格が別の球体なのか。観測者の主観的な判断にたよるしかなく、その判断は困難を極めるでしょう。

 この人格モデルは、要再考です。
 機会があれば、また考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.28

単多球体による複数人格のモデル化について

 花見の席で須淡くんの人格が豹変しました。どういった人格に豹変したのかの詳細は、今回とは関係がないので割愛させていただきます。
 また、私は心理学は門外漢です。すでに発表されている論文には、まったく目を通していません。これから述べる人格モデルと類似する論文や学説があるかと思います
 研究者としてはまったく恥ずべきことです。

 以上をご了承の上、以下をお読みください。

 これはふたつのモデルを統一したものです。ひとつの人格にひとつの人格があらわれるモデルと、ひとつの人格に複数の人格があらわれるモデルです。人格を球体としてあわらすので、前者を多球、後者を単球と呼称します。

 球としたのには人格のモデルを図1のようにあらわし、球体を人格、そして球体の接点にある面を観測可能領域としました。接点から見えるのは、その人の感情といった比較的わかりやすい表面上の事柄です。深層心理などは、接点から推察することになります。
 観測者が見えるのは、球体の接点であるのみです。球体は回転することで喜怒哀楽などの感情をシームレスにあらわすことができます。
 球体を回転させる力は、意識的または無意識的に働くと考えられ、睡眠や気絶などをのぞいて、面と球体が離れることはありません。

 単球モデル(図2)での別人格は、球体になんらかのがあり、その溝に囲まれた内側が別人格となります。また、溝を通過中は、観測者から接点から消え、対象者が見えなくなります。これは対象者がだれであるかを認識することができない状態、つまり気絶や眠っているのと同じと考えられます。
 図2の球体は、黒くふちどられた円の内部を別人格とあらわしています。またこれは、切断線として描かれている黒い一本の線――球体からはみ出していますが、それは気にしないでください――を溝としてとらえることで「この人格には四つの人格が存在する」ということが言えます。

 多球モデル(図3)も基本は同じです。ただし、面の内側に球体を複数持つのが特徴です。人格が入れ替わる、別の球体に切り替わるほんの短い時間、観測者から人格が見えなくなります。
 ひとつの球体に複数の人格を持つことがないのが多球モデルです。

 この単球と多球のふたつを合わせたのが、単多球体による人格モデルです。
 ひとつの球体に複数の人格があらわれることがあり、さらにその球体は複数ある

 球体の核となるのは、あらゆる可能性が考えられます。溝が深ければ主人格である本人からかけはなれ、溝が浅ければ似たような人格があらわれる。

 球体がちがうというのは、がまったくかわります。それが人以外である可能性は否定できません。

 ちょっと長くなってきたので、次回にもう少し具体的に説明しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

地球史における最大級の生物滅亡について

 須淡です。

 ふるい報告書を見ていたら、おもしろいものを見つけました。タイトルは「地球史における最大級の生物滅亡について」です。

 中身を読む前は、全球凍結のことかと思ったのですがそうではありませんでした。簡単に説明すると、酸素の発生によってそれまで生存していた生物の約80%が死滅したのではないか、というものでした。

 もっとくわしく、わかりやすく解説しているところを見つけたで、一緒にご紹介します。

 地球っていろいろ変わってるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

株式会社第88研究所の株取得と
研究機関としての今後の展望について

2005年4月1日
株式会社バイオドア
株式会社第88研究所

 このたびバイオドア株式会社(本社:22世紀 代表:ドラ・エーモン、以下バイオドア)は、株式会社第88研究所(本社:ここ 代表:所長(『神狩り2』読書中につき不在中)、以下88研)の全株式を取得しました。
 これにより88研は、「株式会社バイオドアR&D研究所」に改名いたします。これまでの研究員は、すべてそのまま在籍し、さらに研究員の増員を予定しております。今後はバイオドアの手掛けるバイオ関連技術の研究・開発をおこないます。

 また今後の研究・開発によって引き起こされるバイオハザードについて、バイオドアは一切の責任を負わないものとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)