« 謹賀新年 | トップページ | 仮想国家または仮想政府についての考察 »

2007.02.20

ふたりの研究員 新人はいつまで?

須淡@新人研究員(以下、須)「土院」
土院@新人研究員(以下、土)「ん?」
須「僕たちっていつまで“新人研究員”なのかな?」
土「いきなりだな。でもまあやっぱり新しい人が入ってくるまでじゃないか」
須「それっていつ?
土「さあ。俺らが入ってきたのも数年ぶりらしいから数年後?」
須「はぁ……」
土「なに、新人ってのがなの?」
須淡@NOT新人研究員?「嫌というわけじゃないけど、入所してから一年以上になるんだから、もう新人ってのもなんか変じゃないかなと思って」
土「じゃ、“須淡@平研究員”にする?」
須淡@平研究員(仮)「ひねりも何もないね」
土院@ひねりなし研究員「じゃあ何がいいんだよ?」
須「何がって言われても、別に肩書きが欲しいわけじゃないからこれといってないかな。主任や室長ってわけでもないし」
土「じゃ、いっそのこと“所長代理”とかは? 所長に言えば即OKもらえそうだし」
須淡@所長代理(仮)「ああ、あの所長だったら迷うことなくOKしそうで怖いね。室長代理でもOK出しそうだし」
土院@加枝研究室室長代理(仮)「あー、あれか。室長と主任がフィールドワーク行ってるときに留守番できるのなら、喜んで室長代理になりたいな」
須淡@加枝研究室室長代理(仮)「それなら僕も室長代理がいいな。もし次があったら、無事に帰ってこられる自信がないよ」
土「確かに。生きて戻ってこれたのはビギナーズラックだったに違いないから次はないな」

 ふたりはため息をつき、上を見上げる。
 洞窟でもなく密林でもなくいつもの研究室の天井であることに安心する。

土院@ビギナーズラック研究員「そいやさ、主任と室長って何歳なんだろう? 須淡知ってるか?」
須淡@年齢不詳研究員(仮)「いや、聞いたことないから知らない。形城主任はなんとなくわかるけど、室長は見たことないし声すらも聞いたことないから全然わからないね。わからないことが多すぎて気にしたこともなかった。そもそもなのかな?」
土「人じゃなくても驚きはしないな。ワケわからん人が多いから。霜月さんなんて年齢って概念があるかどうかすらあやしいぞ。もし不老不死だって言い切ってもすんなり受け入れそうだ」
須「ありえる。今度霜月さんに会ったら聞いてみてよ」
土「なにを? 殺していいですかって?」
須淡@殺人共謀研究員(仮)「違うよ、年齢のこと」
土院@質問研究員(仮)「聞くもなにも、なかなか会えないから無理だろう。会ったとしても霜月さんのペースに巻き込まれてまたすぐに消えちまうだろうから、聞くヒマないし」
須「確かに。メールも携帯も持ってなさそうだから直接会って聞くしかないけど、なかなか会えないもんね。そういえばここしばらく会ってないね」
土「そういやそうだな。まあそのうち会えるだろ。そのときどっちかが覚えてりゃいいんだから」
須淡@メモ研究員(仮)「メモっておこう」
土「そんくらい覚えておけよ」
須「念のためだよ。霜月さんがいつ現れてもいいように、いつでもメモ帳を持ってないと」
土「はあ……。にしても、主任と室長がいないとぐたぐただな」
須淡@ぐたぐた研究員(仮)「ふたりがいなくても、やることやらないと」
土院@ぐたぐた研究員(仮)「そうだな。ちゃっちゃとやるか」

|

« 謹賀新年 | トップページ | 仮想国家または仮想政府についての考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/13981375

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりの研究員 新人はいつまで?:

« 謹賀新年 | トップページ | 仮想国家または仮想政府についての考察 »