« 出入り禁止になった男 | トップページ | ふたりの研究員 札の男を探る »

2005.04.22

札 二番――札をくばる不思議な男

 ようこそ第88研究所へ。君らが新人の須淡君&土院君だね。君らのことは、ちゃんと君らから聞いてるよ。言ってることがまったくわからなかったって。うんうん。君らの言いたいことはよくわかる。よくわかるよ。君らの脳は三次元を認識することに特化しているんだから仕方がない。
 はじめにこれを渡しておこう。はい、須淡君と土院君、それぞれ専用のだ。今回は「二番」ね。捨てないで大事に持っていてくれよ。そうじゃないと君らには少々むずかしいからね。

 ああ、君らには自己紹介がまだだったね。でも、僕はすでに済ましているからいいか。詳しいことは札「一番」のときになんでも聞いてくれ。そうじゃないと、君らはわからないだろからね。

 ふたりともそんなこまった顔をしないでくれよ。ああ、そうだね。これだけは言っておこうか。僕もここの研究員だ。特例客員として在籍している。今日はこれで失礼するよ。次は「一番」で会おう。では。

|

« 出入り禁止になった男 | トップページ | ふたりの研究員 札の男を探る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3811412

この記事へのトラックバック一覧です: 札 二番――札をくばる不思議な男:

« 出入り禁止になった男 | トップページ | ふたりの研究員 札の男を探る »