« 地球史における最大級の生物滅亡について | トップページ | それでも人は、高さを競う »

2005.04.10

大きいこと、小さいこと

 須淡です。今回は一般論らしきものが展開されますが、たぶん中身は薄っぺらくて退屈な内容です。そして、一般論らしくみえますが、おそらくちがいます。僕の不確かな持論だと思います。読まないことをお勧めします。

 大きいからこそできること。小さいからこそできること。それぞれにできることがあると思っています。

 大きいことは、ちょっとしたことでも一挙手一投足に注目されます。そのため些細なことでも大きな事件となりうる可能性があります。
 小さいことは、あまり注目をあびません。そのかわり、大きいことよりは自由にでき、アイデア次第で注目をあびることができます。

 では、どちらがいいのか? 比べるには「いい」という定義があいまいすぎて、どちらがいいとは一概に言えないです。それぞれにメリットとデメリットがあって、状況によってメリットはデメリットになり、またその逆もありえると思います。
 すべては状況次第ということではなく、複雑に絡み合った関係とその状況を観察する立場によって流動的に変化します。
 また、大小どちらなのかという、規模を正確に把握することも重要です。

 第88研究所の規模は、まだまだ小さいです。世界の名だたる研究所と比べるまでもありません。だからこそできることがたくさんあると思ってます。

 具体的になにができるかというのは、僕にはよくわかりませんけどね。

|

« 地球史における最大級の生物滅亡について | トップページ | それでも人は、高さを競う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3639989

この記事へのトラックバック一覧です: 大きいこと、小さいこと:

« 地球史における最大級の生物滅亡について | トップページ | それでも人は、高さを競う »