« 単多球体による複数人格のモデル化について その2 | トップページ | 今後の方針について »

2005.04.30

マーフィーの法則 第88研究所版

・失敗する可能性のある実験は、かならず失敗する。

・結果はかならず予想を裏切る

・研究日程は伸びる、発表の日は伸びない。

・研究テーマからはずれた研究がいちばんおもしろい。

・日常生活に常識は必要だが、研究にいちばんじゃまなのは常識。そして日常生活にいちばんじゃまなのは研究

・ひらめきは経験の積み重ねからくるものと、天性のものの二種類ある。前者は経験に裏打ちされているので周囲から理解を得るが、後者は突拍子すぎて周囲から理解されない。

・研究の結果、ひとつの謎が解明されると、の謎が発見される。

・「格闘」「勉学」「生きる糧」「正義」「命」その他諸々の第88研究所の研究員が使っている“研究”の別名は、気分によって変わる。

・研究しない研究所は、ほんとになにも研究していない。

|

« 単多球体による複数人格のモデル化について その2 | トップページ | 今後の方針について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3919385

この記事へのトラックバック一覧です: マーフィーの法則 第88研究所版:

« 単多球体による複数人格のモデル化について その2 | トップページ | 今後の方針について »