« 大きいこと、小さいこと | トップページ | ちょっとアラスカまで »

2005.04.11

それでも人は、高さを競う

 須淡です。

 世界どこに行ってもその場所でいちばん高い人工建造物が、その街でいちばん権力を持っている。そんなことを聞いたことがあります。

「権力」ということばとはちょっとズレてるけど、まあ、ここで使う「権力」はそういったような意味合いだと思ってください。「えらい」というか「力がある」というか、とにかくそういったような感じです。

 もちろんいちばん高い建物がすべてそうだというわけじゃないですよ。
 でも昔のヨーロッパは、教会がいちばん高い建物だったらしいです。日本で高い建物といえば、昔はお城じゃないかな。また高い建物がない場所は、が権力を持っていたらしいです。突き詰めれば山岳信仰ってやつにつながると思います。

 高い建物はどこでもあります。世界の主要都市でみられる超高層建造物は、資本主義の象徴だという人もいるんじゃないかな。でも、そういわれみれば、ちょっと納得してしまいそうになりますよね。

|

« 大きいこと、小さいこと | トップページ | ちょっとアラスカまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3661818

この記事へのトラックバック一覧です: それでも人は、高さを競う:

« 大きいこと、小さいこと | トップページ | ちょっとアラスカまで »