« ふと思ったこと | トップページ | 閲覧しないで下さい »

2005.03.26

VHSはまだまだ消えない?

 8インチフロッピーは消えました。5インチフロッピーは、手に入らないわけではありませんがほとんど消えたといっていいでしょう。3.5インチフロッピーは、まだ使われています。

 ビデオカメラが普及すると、8ミリビデオテープとVHSが使える2in1ビデオデッキが各社から発売されていました。8ミリとVHSのビデオデッキを2台よりは、1台にまとめてしまえ、ということでしょう。
 今ではHDDレコーダーとDVD、そして以前からのVHSという3in1のビデオデッキが各家電メーカーから発売されています。

 VHSはまだまだ生きていく、ということなのでしょう。8ミリビデオテープも、ビデオカメラのメディアが劇的に変化しないかぎり、まだ生き残るでしょう。

 つい最近、ほこりをかぶったカセットテープが何本みつかりました。一緒に携帯用のテープレコーダーも出てきました。ずっと使っていなかったので、再生できるかどうか試しませんでした。すでにカセットテープは、私にとっては現役ではありません。会議などを録音する場合、MDを使っています。これも、近いうちにICレコーダーになるかもしれません。

 今はまだ過去に撮ったビデオテープがあるので、それらを見るのにはどうしてもVHSのビデオデッキが必要です。すぐにでもHDD・DVDレコーダーへ完全移行というわけにはいきません。

 またレンタルビデオはVHSが主流です。DVDも出てきましたが、過去の作品はVHSがほとんどです。ですが、それらもDVD化がすすめば、いつになるかわかりませんが、VHSも使わなくなる日がくるでしょう。

 VHSが消える日は、レンタルビデオがその鍵を握っているのではないかと思っています。

|

« ふと思ったこと | トップページ | 閲覧しないで下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3441289

この記事へのトラックバック一覧です: VHSはまだまだ消えない?:

« ふと思ったこと | トップページ | 閲覧しないで下さい »