« フライングAF | トップページ | ふと思ったこと »

2005.03.24

ことばの力。またはひとり歩き

 ライブドアとニッポン放送について。
 今回、ここではとりあげるつもりはありませんでした。ですが、どうも腑に落ちないところがあり、ちょっとだけ思ったことを言います。

 先に言います。日本は資本主義社会です。今回のことは、起きてもおかしくありませんでした。どちらが悪い、悪くないといったことは申しません。

 経営責任者と株主では、社員にとってよく目にするのは経営責任者になるでしょう。株主は毎日会社に行っているわけではありません。一緒に仕事をしている、またはしていた、というのは、心情的にも応援したくなるのでしょう。

 フジテレビがニッポン放送社員にアンケートをおこない、その返信内容を流していていました。その社員は堀江氏に対していい印象は持っていないようです。ラジオに対して愛情や愛着といった心情的なことが感じられないという内容でした。
 ニッポン放送は株式会社です。心情的な問題だけで会社が維持できるほど世の中あまくありません。利益をださなければ会社は倒産します。

 私はライブドアが経営権を握ることで、ニッポン放送の企業価値が下がるという理由がわかりませんでした。現状のままでニッポン放送の“企業価値が下がらない”という理由も同じくわかりません。
 ラジオに愛着や愛情といった心情的なものだけをおっしゃるのなら、ニッポン放送が自社の持ち株にたよらず、ラジオ放送のみで現在の企業価値が維持できるかどうかを考えてみて下さい。
 株式会社にとって、株を無視して話をすることはナンセンスです。

 こうしたことを言うと「ニュースも見ず、株のことも知らずに、なにを適当なことを」という人があらわれます。

 残念ながら現状では、情報はマスコミ、特にテレビのニュースから得るのがほとんどです。ですが、そのニュース報道の仕方次第で、情報はどうにでも操作することが可能です。操作の意図はなくても、放映時間内に伝えられることは限られています。限られた時間内に伝えることを選びます。そこに操作が発生します。
 私はニッポン放送、ライブドアのどちらとも関係はありません。つまり、内部事情はわかまりません。伝えられる限られた情報をもとにこれを書いています。

 また株に関しても無知です。

 ライブドアがニッポン放送の経営権をにぎることで、企業価値がかわるというのは、現在ではあくまで推論でしかありません。なぜなら、まだ実際に企業価値が下がっていないからです。その推論が壮大にふくれあがり、堀江氏のことばが勝手にひとり歩きしているように思えてなりません。
 堀江氏の意図したことでなくても、報道は刺激的でつよいことばを選んで使われることがあります。「支配」などということばがそれです。

 ことばがひとり歩きをしている。そう思えてなりません。

 ことばを選びながらコメントをしなければならないのであれば、堀江氏ではなく、ポニーキャニオンの社長がいちばん気をつけるべきだと思っています。
 ポニーキャニオンの社長が「エロサイトと一緒に音楽を流したくねえよ」とコメントをした報道を見ました。ポニーキャニオン アイドルフォトストアはエロサイトではないようです。
 見る人が見れば、おそらく“エロサイト”として認められそうですが、それも推論の域を出ません。

 推論を確定事項として話をすすめると、話がこじれることがあります。今回のライブドアとニッポン放送の件も、そういった推論を推論としてとらえないことで、話がこじれているのではないかと思います。

|

« フライングAF | トップページ | ふと思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3414561

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの力。またはひとり歩き:

» 公共性 [やさしいライオン]
朝、夕方のニュースはどれも押し並べて一緒だ。 あれほど一緒だと逆に不気味である。 [続きを読む]

受信: 2005.03.24 02:24

» ライブドア×フジテレビ 2 [やさしいライオン]
今回の件で、フジテレビがお粗末である。 ニッポン放送が新株予約券の発行が仮に認め [続きを読む]

受信: 2005.03.24 02:25

» ライブドア×フジテレビ 3 [やさしいライオン]
堀江さんのおかげで家庭内でも、TOBや株式について 広く認知されるようになってき [続きを読む]

受信: 2005.03.24 02:25

« フライングAF | トップページ | ふと思ったこと »