« 知識または常識という先入観――閉鎖治療 | トップページ | たとえばこんな日 »

2005.03.21

記憶の不思議

 よく忘れます。
 記憶を。
 よく覚えています。
 さまざまなことを。

 ふと浮かびあがる記憶やどうしても思い出せない記憶、まったく関係のないことを思い出すこともあります。私の記憶はあいまいです。
 ですが、ひとつだけ確かなことがあります。未知のことは思い出せません。

 もし、未知のことも思い出すことができるとしたら――頭の中では「ありえない」としてシャットアウトしている記憶があるかもしれません。

 既知ではなく未知の記憶。科学的には、ニューロンを走る電流がまったく新しいパターンの異常な流れがあった、という程度のことかもしれません。まったく新しいであるために、記憶としては認識されずにいる――かもしれません。

 実際は、そんなことはまずないでしょう。

|

« 知識または常識という先入観――閉鎖治療 | トップページ | たとえばこんな日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90629/3386263

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶の不思議:

« 知識または常識という先入観――閉鎖治療 | トップページ | たとえばこんな日 »